スポンサーリンク

LEE 20倍を食べてみた!レトルトとは思えないスパイシーな香り!

レトルト食品

こんにちはこんばんは!Pridestです( ´ω` )/
本記事では江崎グリコより販売されている
ビーフカレーLEE 辛さ×20倍の食レポとなります。

辛いレトルトカレーの代表と言ってもいい商品でありスーパーや
ドラッグストアなど基本どこでも見かけるため気軽に手に入りやすいうえ
私が住んでいる地域では213円(税込)で購入できたりと辛いカレーにしては安いのも利点。

LEEの独自の辛さ表記として『×10倍』などが表示されており
激辛』の表記は特にないのですがパッケージの後ろを確認したところ
最大の超辛で設定されているため激辛商品として扱わせていただきますm(__)m

なお、グリコの公式HPを見るとLEEの誕生秘話が載っています。
LEEのカレーは何故辛さが倍率表示なのかなど興味深いことが書かれていますので

LEEのカレーが好きな方は一度読んでみるのをおススメします!

Pridest
Pridest

LEEシリーズが初めて発売されたのは1986年とのこと!
私まだ生まれてもない!(・□・;)

   辛さ:★★★★★★☆☆☆☆

『辛さ×20倍』という文字にどのくらい辛いのかと警戒心を高めるかもですが
それなりに辛いものを食べてきた方なら問題なく食べられるはず。

Pridest
Pridest

私は喉元にピリッと辛さが伝わる程度でした!

ただし瞬間的に辛さがくるタイプではなく食べていくと
徐々に蓄積していく型なので油断は禁物。

『辛さ×20倍』の辛さでキツイ方は『辛さ×10倍』も販売されているので
まずはそちらを食べて舌を慣らしましょう
『辛さ×10倍』のパッケージ後ろの辛さ表記は【大辛】となっています。

 美味しさ:★★★★★★★☆☆☆

スパイスの風味が良く袋から開封した段階でとても良い香りがします。
良い意味でレトルトのカレーとは思えないほどです。

Pridest
Pridest

パッケージに記載されてるように40数種のものの
スパイスを使ってるだけあります!

ルーの色は赤茶色のような色で具は肉が入ってるのみで一見寂しそうですが
スパイスのおかげで具が少ないことに私はとくに不満は感じませんでした。

ルーは結構濃厚寄りで白米がとにかく進みます。
この後、画像と同じ量ぐらいの白米を2回程おかわりしました←

 リピート:★★★★★★★☆☆☆

特別な中毒性を感じる味ってわけでないのに
定期的にLEEのカレーが食べたくなる時がきます。


あのスパイスが効いたカレーが急に恋しくなるのです。

LEEシリーズ全般的に言えることなのですがLEEのカレーは
辛さと美味しさがうまく両立できてる
カレー

Pridest
Pridest

辛くて旨いカレー」を追求し続けてるだけあり
流石であります

美味しいけど辛さが足りない、そんなあなたには期間限定ではありますが
『×30倍』や『×50倍』のももあるので是非そちらをどうぞ!

パッケージ:★★★★★★★★☆☆

黒箱に赤文字でLEEが記載されておりLEEの文字は燃えています。
実際に食べてみて辛かったかどうかはさておきパッケージだけで判断すると
辛そうな雰囲気が伝わってきますね。


【黒×赤】の組みあわせは個人的に一番好きな組み合わせなので
そう言う意味でも評価高し(笑)

 総合評価:★★★★★★★☆☆☆

激辛を求めて召し上がった方はちょっと期待外れで、
辛さにそこそこな方は喉元がヒーヒー感じられる辛さ×20倍のLEE。

冒頭でも述べましたが基本どこでも見かけますしこの美味しさで

あの安さはほんとコスパ良しなんですよね。

というかこの記事を書いてる時に気付いてしまったのですが、
私、基本的にレトルトのカレーってLEEシリーズしか食べていない事実。

レトルトカレーにも激辛と記載されたものはいくつかあり興味本位で

食べますが結局はLEEに戻ってくるんですよね。私、どれだけLEEのカレーが好きなんだw

Pridest
Pridest

私の人生のカレーはLEEとココイチで成り立ってる!
これあながち間違っていない…説(笑)

今回は激辛とは記載してないものの激辛商品として取り上げましたが
激辛にまだ慣れてなくて激辛商品を食べる前のステップアップとして
こちらを
挑戦してみてはいかがでしょうか!

記事を投稿した段階では既に店舗で見かけることはなくなってしまいましたが
ネットならばまだ在庫があるようなのでお買い求めはお早めに!!!

コメント